連載

松喬日和

落語家の笑福亭松喬さんによるコラム。月1回掲載します。

連載一覧

松喬日和

「あずさ2号」の話題一転 「長野の女」さんが悲痛な訴え

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 9月に早速「Go Toトラベル」キャンペーンを利用しました。横浜で所用があり、夫婦2人で出かけました。「旅行費が35%も安くなった」と喜んでいますが、考えますとコロナ禍の今年、収入は例年の3分の1以下。「70%安くしてくれなウチにとっては、たこついてるやんね」の妻の言葉が胸に刺さりました。

 先日、担当しているラジオ番組で「あずさ2号」のリクエストに応えました。皆様もご存じ、1977年の狩人の大ヒット曲です。予想通り鉄チャン(鉄道ファン)から、たくさんのメールが届きました。一例を挙げますと「ヒットしてから1年半ほどでダイヤ改正があり『あずさ』の偶数号は全て上り列車となりました。歌詞のように信濃路へは向かいません」、「2016年のダイヤ改正で8時ちょうどのあずさ2号が復活しました。ただし大月駅発の新宿に向けての上り列車です」、「現在『あずさ2号』は『特急かいじ』に統合され走っていません」等々。

 しかしその日一番印象に残ったのは、鉄チャンからではなくラジオネーム「長野の女」さんからの普通のメールでした。「あずさ2号」の大ヒットから思うことがあります。サスペンス系のドラマで、事件をおこした女性は必ず最後、刑事さんに優しくエスコートされ「故郷で一から出直しなさい」と声を掛けられ、新宿発の特急列車に乗り込みます。やがて車窓に広がるアルプス山脈を見つめ涙します。テレビをご覧の皆さんは感動するでし…

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文1112文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集