持ち運べるサウナが人気 山でも、川でも、自宅でも 組み立ても手軽に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
雪原の中でバックパックサウナを楽しむ人も=ファイヤーサイド提供
雪原の中でバックパックサウナを楽しむ人も=ファイヤーサイド提供

 いつでもどこでもサウナを楽しめます――。リュックサック一つにストーブやテントなどがコンパクトに収まった「バックパックサウナ」(9万6800円、重さ約13キロ)の売れ行きが好調だ。山でも川でも好きな場所で組み立てるだけ。せせらぎや鳥のさえずりを聞きながら、テントの中で体を温め、熱くなったら川や湖でクールダウン――。持ち運べるサウナのとりこになる人が続出中だ。【坂根真理】

 「おかげさまでよく売れています。大人気ですね」。輸入販売を手掛ける「ファイヤーサイド」(長野県駒ケ根市)の白沢悟さん(45)は話す。同社はまきストーブの輸入を始めて30年以上の実績を持つ。2019年1月下旬から、「バックパックサウナ」の販売を始めたところ、「持ち運べるサウナ」と話題を呼んで注文が相次ぎ、今も入荷待ちが続く人気だ。

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文886文字)

あわせて読みたい

注目の特集