メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

袴田巌さん姉「頑張ったかいがあった」最高裁の審理差し戻しに笑顔

最高裁の決定を聞いた後、自宅で支援者に体のケアをしてもらう袴田巌さん(左)=浜松市中区で2020年12月23日午後2時38分、太田圭介撮影

 1966年に静岡で一家4人が殺害された強盗殺人事件で死刑が確定して第2次再審請求中の元プロボクサー、袴田巌さん(84)の再審開始を認めなかった東京高裁決定について、最高裁が取り消して審理を差し戻したことを受け、袴田さんの姉・秀子さん(87)らが23日、自宅で取材に応じた。秀子さんは「(高裁決定の取…

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文288文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “耳寄り”な話・TBSラジオ 「生活は踊る」 今春5周年

  2. けいざいフラッシュ 日本酒の新価値創造へ

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  5. 内閣府新庁舎に473億円 「霞が関最後の一等地」に計画 コロナ禍、必要性に疑問も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです