メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松喬日和

けがや絶句にやきもき…見習い2人奮闘中 ソフトバンクの育成術に学びたい

 楽しみが少なかった今年、プロ野球は試合数を減らしてでも国民を楽しませてくれました。特に日本シリーズは今年もソフトバンクの圧勝で幕を閉じました。ここ10年、パ・リーグの強さは夢のようです。というのも私は40年来のパ・リーグファン。オリックスを応援しています。理由は前身の阪急ブレーブスが大好きだったから。長男の「ゆうたろう」は今井雄太郎投手からの命名です。

 入団してから5年で2勝しか挙げられなかった彼。ブルペンエースと呼ばれていました。酒豪で知られていた今井投手に、上田監督が「一杯飲んでマウンドに上がって来い!」と声をかけました。真意は「今年、勝ち星がなければおそらくクビになる。腹を据えて一杯飲んだ気分で、バッターを見下ろして投げて来い」だったそうですが、真面目な今井投手は本当にビールを飲んでマウンドへ。あれよあれよという間に完投して勝ち星を引き寄…

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1285文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 英変異株、初の市中感染か 英国滞在歴ない静岡県の男女3人

  4. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです