連載

花谷寿人の体温計

政治や社会の出来事が人々に与える影響を「体温」として読み解く、花谷寿人論説委員のコラム。

連載一覧

花谷寿人の体温計

心の回路

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 コロナで社会がギスギスしている。世界を見渡せば、自国第一主義がはびこる。戦後75年、戦争の記憶も薄れるばかりだ。

 こんな時、あの人なら何を書き、何を語るのか。今年で没後10年になる作家・劇作家の井上ひさしさんである。

 戯曲には庶民の暮らしが描かれる。原爆投下後の広島を舞台にした代表作「父と暮せば」もそうだ。原爆で亡くなった父と、残された娘の会話がユーモラスであり、また悲しい。

 平和を語り継ぐ視点について、井上さんはこう述べている。

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文891文字)

あわせて読みたい

注目の特集