特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

看護師、大事にされず コロナで業務増、給料減、差別 切迫10カ月、もう限界 福井トシ子・日本看護協会長

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナの第3波で看護師が置かれた状況などについて話す日本看護協会の福井トシ子会長=東京都渋谷区で2020年12月15日午後4時43分、吉田卓矢撮影
新型コロナの第3波で看護師が置かれた状況などについて話す日本看護協会の福井トシ子会長=東京都渋谷区で2020年12月15日午後4時43分、吉田卓矢撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大にともない重症患者や死亡者の数は最多を更新し続け、国内の医療体制は切迫の度合いを強めている。全国の約76万人の看護師らが加入する日本看護協会の福井トシ子会長(64)が毎日新聞の取材に応じ「使命感を持って働いている看護師は限界がきている。皆さん一人一人の行動が地域の医療崩壊につながる可能性があるということをもっと意識してほしい」と訴えた。インタビューは12月15日に行われた。

 ――西村康稔経済再生担当相が「勝負の3週間」を打ち出した直後の11月26日に、看護協会長としてメッセージを発表しましたね。

この記事は有料記事です。

残り1532文字(全文1797文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集