特集

第100回高校ラグビー 富山第一(富山)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する富山第一(富山)を紹介するページです。

特集一覧

コロナ下の挑戦・富山第一花園出場

/上 できること積み重ね雪辱へ 河合謙徳監督(33) /富山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
花園予選で連覇し、選手から胴上げされる河合謙徳監督=青山郁子撮影
花園予選で連覇し、選手から胴上げされる河合謙徳監督=青山郁子撮影

 東大阪市花園ラグビー場で27日に開幕する第100回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビーフットボール協会など主催)に、県代表として富山第一(富山市)が2年連続で出場する。新型コロナウイルス感染が広がる中、接触プレーが多いラグビーは練習の制約が多く、かつてない困難を乗り越えて12回目の花園出場を勝ち取った。大会初日の27日、第2グラウンド第5試合(午後2時20分試合開始予定)で仙台育英(宮城)と対戦するチームの軌跡を紹介する。【青山郁子】

 6年前に同校の監督に就任し、「生徒と一緒に目標に向かう充実感。こんなにいい仕事はない」と打ち込んできた監督業だった。しかし、今年ほど手探りが続いた年は、初めての経験だった。

この記事は有料記事です。

残り1038文字(全文1356文字)

あわせて読みたい

注目の特集