メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリの移動パターン 産卵以降で放浪→定着に 科学的根拠が判明 県立・郷公園 /兵庫

コウノトリの背中に長さ約10センチの発信器を取り付ける兵庫県立コウノトリの郷公園の職員=同公園提供

 県立コウノトリの郷公園(豊岡市)の大迫義人エコ研究部長(県立大大学院教授)と江崎保男園長がGPS(全地球測位システム)を装着したコウノトリ4羽の2020年までの移動パターンを分析した。その結果、未成熟な個体は滞在と移動を繰り返して全国を放浪するが、性的に成熟すると定着・繁殖し、産卵以降は離れないことが科学的に裏付けられたとしている。【村瀬達男】

 同園によると、08年以降、GPS内蔵のソーラーパネル型発信器(重さ70グラム)を計23羽の背中にランドセルのようにフッ素樹脂リボンで装着。大迫部長らは巣立ちや放鳥から定着・繁殖まで追跡できた4羽の移動距離を初めてグラフ化した。例えば、朝来市で17年8月に放鳥された雌は20年4月、2歳9カ月で京都府綾部市で産卵するまで、西日本を中心に1日約150~200キロを頻繁に移動したが、産卵後は10キロ前後…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. ネパール隊がK2の冬季登頂に初成功 世界第2の高峰

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです