日出町・土葬墓地計画 イスラム×カトリック○? 法律や条例で問題なし 一部住民「なぜ町につくる」 /大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
墓地計画地の隣りにある修道院の墓地。ここでは死者を土葬して悼んでいる
墓地計画地の隣りにある修道院の墓地。ここでは死者を土葬して悼んでいる

 日出町で計画されているイスラム教徒の墓地建設が、一部の住民の反発で暗礁に乗り上げたまま膠着(こうちゃく)している。町関係者によると、墓地の計画は、国が定めた法律や、町の条例に基づいており、法令に抵触してもいない。反発には科学的な根拠が乏しく、宗教関係者からは「多様な宗教の信教の自由を認めるべきではないか」との声が出ている。【辻本知大】

 建設を計画しているのは、別府ムスリム協会(別府市)。協会は墓地埋葬法や町の条例に基づいて、計画を進めた。予定地は山間部を選んだが、2月から5月にかけて、約3キロ離れた居住地区で周知目的の説明会を開いた。

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1066文字)

あわせて読みたい

注目の特集