メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊・時論フォーラム

組織型キャリアから自律型へ/劣化する政治/理想の記者

テレワークのため人のまばらな富士通のオフィス=東京都港区で2020年11月4日午後1時17分、喜屋武真之介撮影

 新型コロナ禍の中、人々の働き方は大きな変化を迎えている。田中研之輔氏は現状を歴史的転換期と捉え自律的なキャリアアップの必要性と可能性を説く。藤原辰史氏は多数の庶民が犠牲になったナチス・ドイツと大日本帝国の歴史を踏まえ、現状の劣化する政治に強い危機感を提示した。山本章子氏は自らの恩師で一周忌を迎えた新聞記者の業績を振り返りつつ、あるべき政治記者像を示した。

この記事は有料記事です。

残り4313文字(全文4492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです