連載

くらしの明日

社会保障のあるべき姿を専門家が論じます。

連載一覧

くらしの明日

私の社会保障論 視野広く健康とらえる=千葉大予防医学センター教授・近藤克則

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス感染症の第3波がやってきた。コロナ禍の原因はなんだろう。狭く捉えれば、ウイルスである。しかし、少し広く捉えると、同じウイルスでも高齢や基礎疾患がある人で、被害が大きくなる。

 視野を広げると、感染という1次被害による「わざわい」よりも、感染以外の2次被害の方がはるかに多い。外出や交流を控えざるを得なかった人、感染したというデマを流された人、収入が減った人、仕事を失った人、それらが重なって気分が沈んでうつになった人もいる。長期化した影響もあるのだろう。10月の自殺者数は2158人。10年連続で減ってきていた自殺が、今年は増えてしまいそうだ。コロナ禍で仕事が減ったり、失ったりする人が多かった女性でより増えた。これらの多くの人は感染していない。であれば、コロナ禍の原因はウイルス以外にもある。むしろ社会経済的な環境要因…

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文924文字)

あわせて読みたい

注目の特集