3大駅伝最多22勝 駒大・大八木監督の情熱 極意は不滅の声かけ 自転車伴走も再開

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2008年の箱根駅伝で総合優勝を決め、胴上げされる駒沢大の大八木監督=木葉健二撮影
2008年の箱根駅伝で総合優勝を決め、胴上げされる駒沢大の大八木監督=木葉健二撮影

 箱根駅伝を含む大学3大駅伝で単独最多となる22勝目を11月の全日本大学駅伝で達成した駒沢大。全ての優勝に指導者として関わってきたのが、大八木弘明監督(62)である。出雲駅伝で初優勝した1997年から四半世紀近く、大学駅伝界のトップを走り続ける名物監督。1時間にわたるインタビューで指導の神髄を尋ねると、そこには子どもの気質の変化に合わせた対応と、変わらぬ芯があった。

 2年前に還暦を迎えたとは思えないほど若々しく鋭い眼光と、持ち前の大声は変わらない。午前5時45分からの朝練習では10キロ以上、自転車で40歳以上年の離れた選手たちに伴走する。今春6年ぶりに自転車の伴走を再開した理由は後述するが、日中は授業の都合で4回に分けて行われる練習をずっと見つめる。「1秒落とせ」「ペースを上げていけ」。激励の声がグラウンドに響き続ける。

この記事は有料記事です。

残り2264文字(全文2629文字)

あわせて読みたい

注目の特集