全日本 フィギュア

男子 SP ショートプログラム 速報 = 2020年 12月25日

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

60秒で自動更新

  • ON
  • OFF
男子SPで演技をする羽生結弦=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
男子SPで演技をする羽生結弦=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

羽生結弦が唯一の100点超えで首位 鍵山、宇野が続く


 フィギュアスケートの全日本選手権は25日、長野市ビッグハットで、男子ショートプログラム(SP)が行われ、五輪2連覇中の羽生結弦(ANA)が103.53点で首位発進した。17歳の鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)が98.60点で2位。大会5連覇を目指す宇野昌磨(トヨタ自動車)は94.22点で3位だった。フリーは26日に行われる。

▶写真で振り返るSP 羽生はロック

▶男子フリー詳報 羽生、宇野の演技は

▶SP後の羽生、こだわった点は? 一問一答

▶苦笑いの宇野「緊張した」

▶女子フリー 紀平ついに4回転!

男子SPの順位(5位まで)

SP順位選手名SP得点(技術点、演技構成点、減点)
1羽生結弦103.53(56.21、47.32)
2鍵山優真98.60(56.04、42.56)
3宇野昌磨94.22(49.08、46.14、-1.00)
4田中刑事83.61(42.90、40.71)
5佐藤駿83.31(46.34、36.97)

▶女子SP詳報 紀平は片手で!坂本、三原は


30番滑走 友野一希(同大)

22歳。今季は、GPシリーズ・NHK杯2位、西日本選手権2位、近畿選手権優勝。18年の世界選手権では5位に入った。エキシビジョンなどでの表情豊かな演技には定評がある。昨年の全日本選手権は6位。

SP:The Hardest Button To Button

冒頭の4回転トーループ、3回転トーループの連続ジャンプを成功。2本目の4回転サルコウは転倒したが、最終滑走の重圧を感じさせないキレのあるステップで盛り上げた。SPの得点は、81.72。


29番滑走 島田高志郎(木下グループ)

19歳。コーチは、ステファン・ランビエルさん。チームメートの宇野昌磨とともにスイスを練習拠点にしている。今シーズンは、この全日本選手権が初戦となる。

SP:ファイヤーダンス

冒頭の4回転サルコウは着氷。続く3回転の連続ジャンプでは転倒してしまったが、トリプルアクセルは成功。長い手足を生かし、表現力豊かに滑りきった。SPの得点は、71.88。


28番滑走 宇野昌磨(トヨタ自動車)

男子SPで演技する宇野昌磨=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
男子SPで演技する宇野昌磨=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

全日本選手権4連覇中。12月17日に23歳になったばかり。昨シーズンは、メインコーチを置かない状態でスタートを切り、GPシリーズ・フランス杯ではシニア転向後初めて表彰台を逃すなど、苦しい時期を過ごした。その後、元世界選手権王者のステファン・ランビエル氏のもとで練習し復調。昨年の全日本選手権では、初めて羽生結弦を破った。この全日本選手権が今季初戦となる。18年平昌五輪銀メダリスト。

SPは昨シーズンに引き続き「Great Spirit」

演技直前には笑顔も。冒頭の4回転フリップはきれいに決めた。2本目は4回転トーループで転倒し、連続ジャンプにできず。後半のトリプルアクセルはきれいに決めた。中盤では代名詞のクリムキンイーグルも。キレのあるステップを見せ、会場からは手拍子が沸いた。SPの得点は、94.22。現時点で、羽生、鍵山に次いで3位。

宇野「久々で緊張した」

 全日本フィギュアの男子ショートプログラム(SP)で演技をする宇野昌磨=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
全日本フィギュアの男子ショートプログラム(SP)で演技をする宇野昌磨=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

27番滑走 山本草太(中京大)

男子SPで演技する山本草太=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
男子SPで演技する山本草太=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

20歳。今シーズンは、中部選手権、西日本選手権優勝。GPシリーズ・NHK杯は8位。

シニア転向後は負傷に悩まされたが、全日本は7回目の出場。SP:黒い瞳

冒頭の4回転トーループは手をついてしまったが、後半は耐えた。優美な演技を見せ、リズムに合わせた軽快なステップで会場を魅了した。SPの得点は、82.60。


26番滑走 羽生結弦(ANA)

男子SP、6分間練習をする羽生結弦=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
男子SP、6分間練習をする羽生結弦=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

26歳。昨年は4年ぶりに全日本選手権に出場し2位。今年2月の4大陸選手権では、2018年平昌冬季五輪で2連覇したときの演目に戻し、SPで自身の世界最高を塗り替える(111.82点)など、存在感ある演技で初優勝。男子で初めてジュニア、シニアの主要国際大会を全制覇した。

今季は、持病のぜんそくを考慮し、GPシリーズを回避。練習拠点のカナダに戻れず、国内で調整してきた。この大会が初戦となる。プログラムを一新し、初披露する。

SP:Let Me Entertain You

黒のロックテイストな衣装を身にまとい、アップテンポな曲で一気に会場を羽生ワールドに引き込んだ。冒頭の4回転サルコウ成功。2本目の4回転トーループ、3回転トーループの連続ジャンプも成功。トリプルアクセルも完璧に決めた。ただ、スピンが1つ、得点が入らず0点となってしまったが、羽生らしい見せ場をたっぷり詰め込んだプログラムで、激しくも心を揺さぶる演技で圧倒した。

今日のキスアンドクライは1人で臨んだ。SPの得点は103.53で首位に。きょう初の100点超え。

羽生「皆さんの声援を心の中で再生」

羽生SPは聞き覚えのあるあの曲

男子SP、一人で座るキスアンドクライでタオルを放り投げる羽生結弦=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
男子SP、一人で座るキスアンドクライでタオルを放り投げる羽生結弦=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

25番滑走 小林建斗(法大)

22歳。東京選手権2位、東日本選手権4位。SP:If I Can Dream by エルビス・プレスリー

冒頭の連続ジャンプは成功。3本目のジャンプは着地が乱れ壁にぶつかったが、リズムに合った伸びやかなスケーティングを見せた。SPの得点は60.88


第3グループの演技終了 鍵山が100点に迫る得点で首位に

24番滑走 鍵山優真(星槎国際高横浜)

男子SPで演技する鍵山優真=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
男子SPで演技する鍵山優真=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

前回の全日本選手権では、ジュニアながら宇野昌磨、羽生結弦に次いで3位に食い込み、大きな話題を集めた17歳。今年1月にはユース冬季五輪で金メダルを獲得、2月の4大陸選手権では3位に入った。今シーズンからシニア転向を果たし、11月のNHK杯では、GPシリーズ初出場で初優勝を果たした。父はコーチで元五輪代表の鍵山正和さん。

SP:Vocussion

冒頭の4回転サルコウ、ダブルトーループの連続ジャンプ、単独の4回転トーループを鮮やかに成功。トリプルアクセルは3点以上の加点となる出来映えだった。終始余裕のある演技を見せ、最後はガッツポーズ。SPの得点は98.60。第4グループ終了時点でトップに。

鍵山「曲が始まったら…」


23番滑走 小林諒真(法大)

東日本選手権5位。佐藤信夫コーチ。

SP:マスク・オブ・ゾロ

躍動感ある音楽に負けないスピード感で演じきった。

SPの得点は、63.91


22番滑走 山隈太一朗(明大)

20歳。東京選手権優勝、東日本選手権3位。SP:映画「君の名前で僕を呼んで」より

ピアノのメロディに乗った演技を見せたが、ジャンプの転倒が響き、SPの得点は、57.51


21番滑走 田中刑事(倉敷FSC)

男子SP、演技をする田中刑事=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
男子SP、演技をする田中刑事=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

羽生結弦と同学年の26歳。今シーズンは、8月に右膝を故障しながらも、GPシリーズ・NHK杯4位。中四国九州選手権優勝、西日本選手権3位。18年平昌五輪代表。SPは昨シーズンに続き「Hip Hip Chin Chin」。

冒頭のジャンプは3回転。2本目のトリプルアクセルはきれいに決めた。長い手足を生かし、ダイナミックでキレのある演技をみせた。SPの得点は、83.61。佐藤を上回りトップに。

田中「静かな空間でやる競技でない」


20番滑走 佐藤駿(フジ・コーポレーション)

男子SPで演技する佐藤駿=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
男子SPで演技する佐藤駿=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

今季シニアに転向した16歳。今シーズンは、東日本選手権優勝。GPシリーズ・NHK杯は5位。昨シーズンは、ジュニアGPファイナル男子で優勝。全日本選手権ではジュニアながらSP3位で好発進し、総合でも5位に入った。憧れは同じ仙台出身の羽生結弦。

SP:映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」より

冒頭の4回転トーループはきれいに成功。3点以上の加点がついた。3回転の連続ジャンプは着地が乱れた。SPの得点は、83.31。この時点でトップに。

佐藤 フリーは「ノーミスで!」


19番滑走 須本光希(関大)

19歳。近畿選手権2位、西日本選手権4位。コーチは本田武史さん、長光歌子さん。2017年には全日本ジュニア選手権で優勝し、近年はアイスショーにも出演する注目の若手。

SP:The Feeling Begins

SPの得点は、67.15


第3グループの演技終了 ここまで三宅首位、2位は櫛田

18番滑走 中野紘輔(飯塚フィギュアクラブ)

23歳。中四国九州選手権2位。西日本選手権10位。SP:Whole Lotta Love

SPの得点は、66.47


17番滑走 長谷川一輝(東京理科大)

初出場の19歳。東日本選手権6位。SP:アンセム

SPの得点は、63.59


16番滑走 古家龍磨(九州工業大)

初出場の19歳。西日本選手権12位。SP:ナイトメア

SPの得点は、47.09


15番滑走 木科雄登(関大)

19歳。コーチは浜田美栄さん。今季はGPシリーズ・NHK杯7位。全日本ジュニア選手権4位。

SP:キャシー・リードさん振り付けで、ミケランジェロ '70 by A.ピアソラ。

SPの得点は、61.38


14番滑走 三浦佳生(KOSE新横浜プリンスFSC)

初出場の15歳。全日本ジュニア選手権2位。東日本ジュニア選手権優勝。GPシリーズ・NHK杯は6位。

ジュニアながら連続ジャンプを含む2本の4回転に挑戦。

SP:Feeling Good

SPの得点は、67.61


13番滑走 杉山匠海(就実学園)

初出場の18歳。西日本選手権11位。SP:Welcome Home

SPの得点は、59.22


第2グループの演技終了 三宅が現時点で首位

12番滑走 唐川常人(日大)

22歳。東日本選手権9位。

SP:「ブエノスアイレスの四季」より「春」

SPの得点は、54.51


11番滑走 森口澄士(木下アカデミー)

初出場の18歳。西日本選手権6位。コーチは浜田美栄さん。SP:ハレルヤ

SPの得点は、66.18


10番滑走 櫛田一樹(関西学院大)

21歳。近畿選手権3位、西日本選手権8位。コーチは長光歌子さん。SP:Falling Like The Stars

SPの得点は、71.23


9番滑走 本田ルーカス剛史(木下アカデミー)

男子SPで演技する本田ルーカス剛史=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
男子SPで演技する本田ルーカス剛史=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

18歳。GPシリーズNHK杯は3位。全日本ジュニア選手権優勝。全日本選手権は2年連続出場。SP:苦悩する地球人からのSOS

SPの得点は、SPの得点は、67.52


8番滑走 大島光翔(埼玉アイスアリーナFC)

初出場の17歳。東日本ジュニア選手権2位、全日本ジュニア選手権5位。

SP:キャラバン

SPの得点は、62.34


7番滑走 山田耕新(SMBC)

29歳。西日本選手権9位。コーチは浜田美栄さん。今回がラストシーズン。

SP:Save The Last Dance For Me

SPの得点は、56.56


第1グループの演技終了 ここまでで三宅がトップ

6番滑走 本田太一(関大)

男子SPの演技を終えて涙ぐむ本田太一=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
男子SPの演技を終えて涙ぐむ本田太一=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

女子の真凜、望結、紗来の兄で22歳。今季限りの引退を表明している。西日本選手権7位。SP:Ancient Lands

会心の演技に、終わった直後にはガッツポーズを見せた。

SPの得点は、67.86


5番滑走 三宅星南(関大)

全日本ジュニア選手権3位。今季はGPシリーズ・NHK杯9位。

SP:ロミオとジュリエット

SPの得点は、79.09


4番滑走 中村俊介(木下アカデミー)

初出場の15歳。全日本ジュニア選手権6位。浜田美栄コーチ。

SP:アストゥリアス

SPの得点は、63.97


3番滑走 石塚玲雄(早大)

21歳。東日本選手権8位。

SP:映画「ロシュフォールの恋人たち」より

SPの得点は、50.29


2番滑走 国方勇樹(日大)

2年連続出場の19歳。東日本選手権7位。

SP:In This Shirt

SPの得点は、60.08


1番滑走 日野龍樹(中京大)

25歳。中部選手権2位、西日本選手権5位。昨年の全日本選手権ではSP最終滑走。

SP:交響曲第3番 ハ短調 作品78「オルガン付き」

SPの得点は、69.79


※速報のため、得点など、数字が異なっている場合があります。


5連覇狙う宇野、新プログラムで挑む羽生

 フィギュアスケートの全日本選手権が25日に長野市で開幕。男子は五輪2連覇中(ANA)や全日本選手権5連覇を目指す宇野昌磨(トヨタ自動車)らが出場する。羽生は、ショートプログラム(SP)、フリーともに新プログラムを披露する。

1年ぶり「再会」の羽生と宇野

新プロの羽生「見た人の背景に訴えたい」

宇野「うれしい」羽生「表彰台の真ん中に」

女子SP速報します 滑走順は…


男子SPの滑走順

1番滑走 日野龍樹(中京大)
2番滑走 国方勇樹(日大)
3番滑走 石塚玲雄(早大)
4番滑走 中村俊介(木下アカデミー)
5番滑走 三宅星南(関大)
6番滑走 本田太一(関大)
7番滑走 山田耕新(SMBC)
8番滑走 大島光翔(埼玉アイスアリーナFC)
9番滑走 本田ルーカス剛史(木下アカデミー)
10番滑走 櫛田一樹(関西学院大)
11番滑走 森口澄士(木下アカデミー)
12番滑走 唐川常人(日大)
13番滑走 杉山匠海(就実学園)
14番滑走 三浦佳生(KOSE新横浜プリンスFSC)
15番滑走 木科雄登(関大)
16番滑走 古家龍磨(九州工業大)
17番滑走 長谷川一輝(東京理科大)
18番滑走 中野紘輔(飯塚フィギュアクラブ)
19番滑走 須本光希(関大)
20番滑走 佐藤駿(フジ・コーポレーション)
21番滑走 田中刑事(倉敷FSC)
22番滑走 山隈太一朗(明大)
23番滑走 小林諒真(法大)
24番滑走 鍵山優真(星槎国際高横浜)
25番滑走 小林建斗(法大)
26番滑走 羽生結弦(ANA)
27番滑走 山本草太(中京大)
28番滑走 宇野昌磨(トヨタ自動車)
29番滑走 島田高志郎(木下グループ)
30番滑走 友野一希(同大)

あわせて読みたい

注目の特集