全日本 フィギュア

女子 SP ショートプログラム 速報 = 2020年 12月25日

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

60秒で自動更新

  • ON
  • OFF
女子SPで演技をする紀平梨花=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
女子SPで演技をする紀平梨花=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

紀平がSP首位発進 坂本2位 三原が復活の3位

 フィギュアスケートの全日本選手権は25日、長野市ビッグハットで、女子ショートプログラム(SP)が行われ、連覇を目指す紀平梨花(トヨタ自動車)が79.34点で首位、NHK杯で初優勝した坂本花織(シスメックス)が71.86点で2位。三原舞依(シスメックス)が69.55点で3位につけた。フリーは27日に行われる。

▶男子SP詳報 羽生、宇野は

▶写真で振り返る男子SP

▶男子フリー詳報 羽生圧巻、宇野は跳ねた!

▶女子フリー 紀平ついに4回転!

女子SPの順位(5位まで)

SP順位選手名SP得点(技術点、演技構成点、減点)
1紀平梨花79.34(44.14、35.20、0.00)
2坂本花織71.86(36.72、35.14、0.00)
3三原舞依69.55(38.54、31.01、0.00)
4山下真瑚67.28(36.08、31.20、0.00)
5新田谷凜67.16(37.71、29.45、0.00)

▶写真で振り返る女子SP


30番滑走 川畑和愛(早大)

女子SP、演技をする川畑和愛=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
女子SP、演技をする川畑和愛=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

今季シニアに転向した18歳。昨年の全日本選手権ではジュニアながら3位に食い込み話題に。今季はGPシリーズ・NHK杯10位。東日本選手権5位。

SP:黄昏のワルツ

最終滑走の重圧を感じさせぬ、表情豊かにキレのある演技を見せた。冒頭の連続3回転ジャンプを成功。2本目の3回転ループは着氷で乱れたが、ダブルアクセルはきれいに成功。ステップ、スピンは丁寧に仕上げた。SPの得点は64.56。


29番滑走 宮原知子(関大・木下グループ)

女子SPで演技する宮原知子=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
女子SPで演技する宮原知子=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

「ミス・パーフェクト」22歳。14~17年全日本選手権で4連覇。18年平昌オリンピック4位、世界選手権で銀1回、銅1回。昨シーズンからカナダに拠点を置き、今季はGPシリーズ・スケートカナダに出場予定だったが、中止に。この大会が初戦となる。昨年の全日本選手権はミスが重なり4位。

SP:グノシエンヌ 第1番

冒頭の3回転ルッツ、3回転トーループの連続ジャンプは着氷したが回転不足。ダブルアクセルは成功したが、3本目の3回転ループはタイミングが合わず2回転になり、規定で無効ジャンプとなってしまった。しかし、はかなげな曲調に合わせ、伸びやかなステップ、安定したスピンを見せた。SPの得点は、66.48。


28番滑走 三原舞依(シスメックス)

女子SPで演技する三原舞依=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
女子SPで演技する三原舞依=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

2年ぶりに全日本選手権に帰ってきた21歳。西日本選手権2位、近畿選手権3位。GPシリーズ・NHK杯4位。昨シーズンは体調不良で休養していたが、今シーズン復活。2017年には4大陸選手権優勝。「ヘアドネーション」(病気やけがで頭髪に悩みを抱える人たちへ寄付した髪でウイッグを贈る活動)も行っている。

SP:It's Magic

冒頭の3回転ルッツ、3回転トーループの連続ジャンプを決め、笑顔。持ち前の柔らかい着地で、続くダブルアクセル、3回転フリップも成功させた。スピン、ステップはすべてレベル4獲得。かれんなスケーティングで、しっとりとしたリズムを滑りきり、三原の世界に会場を引き込んだ。演技後には力強くガッツポーズ。復活の舞に会場からは拍手がわいた。SPの得点は、69.55。現時点で3位。


27番滑走 坂本花織(シスメックス)

女子SPで演技をする坂本花織=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
女子SPで演技をする坂本花織=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

18年全日本選手権女王の20歳。昨シーズンは、GPシリーズ、全日本選手権、4大陸選手権で全て表彰台を逃す苦しい時期を過ごした。今季はGPシリーズ・NHK杯で圧巻の演技を見せ、優勝。西日本選手権、近畿選手権優勝。18年平昌冬季五輪代表。

SP:バッハ・ア・ラ・ジャズ

リンク直前は緊張した面持ち。冒頭のダブルアクセル、3回転ルッツは成功。3回転フリップ、ダブルトーループの連続ジャンプではバランスを崩しかけたがこらえた。複雑な旋律に持ち前のリズム感とスピード感で合わせ、ステップ、スピンを丁寧に仕上げた。SPの得点は、71.86。現時点で紀平に続き、暫定2位。

坂本「情けない」


26番滑走 渡辺倫果(青森山田高)

18歳。東北・北海道選手権優勝、東日本選手権3位。SP:Bachelorette by ビョーク

冒頭のジャンプは転倒。2本目はなんとか連続ジャンプにつなげた。SPの得点は、46.18


25番滑走 白岩優奈(関大)

女子SP、演技をする白岩優奈=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
女子SP、演技をする白岩優奈=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

19歳。西日本選手権5位。2018年には活動費の支援を求めてクラウドファンディングを実施し話題に。

SP:エデンの東

ジャンプは全て成功。丁寧で柔らかなスケーティングで会心の演技を見せた。SPの得点は、63.96。


第4グループの演技終了 紀平が暫定トップ

24番滑走 新田谷凜(中京大)

23歳。西日本選手権3位。昨年の全日本選手権7位。当初は昨シーズン限りでの引退を表明していたが、現役続行を決めた。コーチは、山田満知子さん、樋口美穂子さん。

SP:映画「レッド・バイオリン」より

3つのジャンプすべて成功。柔らかで滑らかな演技を見せ、SPの得点は、67.16。


23番滑走 紀平梨花(トヨタ自動車)

女子SPで演技をする紀平梨花=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
女子SPで演技をする紀平梨花=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

18歳。昨年の全日本選手権は初優勝。シニアデビューとなった2018ー2019シーズンは、日本勢では浅田真央さん以来となる、GPデビューシーズンでのファイナル制覇。今年2月の4大陸選手権では2連覇を果たした。今シーズンは、ステファン・ランビエル氏のもとで、宇野昌磨らとともに練習している。自身のSNSでは、4回戦サルコウに成功した動画も公開した。

SP:The Fire Within

炎を思わせるような赤い衣装に黒いタイツというスタイル。冒頭のトリプルアクセルを成功。2点以上の加点がつく出来映え。3回転フリップ、3回転トーループの連続ジャンプは2本目の着地でやや乱れたが、3本目は両手を挙げて鮮やかに3回転ルッツを決めた。後半では片手側転し、会場を驚かせた。SPの得点は、79.34。暫定トップに。

紀平「武器」をしっかり修正

「キス・アンド・クライ」で結果を待つ紀平梨花。右はステファン・ランビエルコーチ=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
「キス・アンド・クライ」で結果を待つ紀平梨花。右はステファン・ランビエルコーチ=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

22番滑走 河辺愛菜(木下アカデミー)

今季シニア転向した16歳。GPシリーズ・NHK杯6位。近畿選手権2位、西日本選手権4位。19年の全日本ジュニア選手権では優勝。昨年の全日本選手権ではトリプルアクセルを成功している。SP:ファイヤーダンス

冒頭、トリプルアクセルに挑戦。連続3回転ジャンプは成功。情熱的な曲調に合わせたパワフルな演技を見せ、ステップでも魅了した。演技後は小さくガッツポーズ。SPの得点は、64.70。


21番滑走 吉岡詩果(植草学園大附属高)

18歳。関東選手権優勝、東日本選手権2位。昨年の全日本選手権は10位。SP:エリザベート

冒頭は3回転の連続ジャンプは成功。情感たっぷりなリズムに合わせ、表情豊かに演じきった。SPの得点は、62.00。


20番滑走 樋口新葉(明大/ノエビア)

女子SPで演技する樋口新葉=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
女子SPで演技する樋口新葉=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

19歳。昨年の全日本選手権は、納得の演技で3年ぶりに2位に食い込んだ。今シーズンは東日本選手権優勝。GPシリーズ・NHK杯では、競技会で初めてトリプルアクセルを着氷し、2位。2018年の世界選手権では銀メダル。高い身体能力を生かしたスピードとダイナミックな演技が持ち味。プログラムは昨シーズンから継続する。

SP:Bird Set Free

冒頭で挑んできたトリプルアクセルは転倒。続く連続ジャンプにも乱れが出た。終盤は力強いステップを見せた。滑り終えた後は悔しい表情。SPの得点は、61.53。


19番滑走 松原星(明大)

20歳。東京選手権2位、東日本選手権4位。

SP:小雀に捧げる歌

冒頭のジャンプは着氷が乱れたが、連続ジャンプは成功。柔らかな演技を見せた。SPの得点は、56.25


第3グループの演技終了 山下が暫定トップ

18番滑走 千葉百音(仙台FSC)

2年連続出場の15歳。東日本ジュニア選手権2位、全日本ジュニア選手権8位。SP:Evergreen by Two Steps From Hell

SPの得点は、54.45。


17番滑走 山下真瑚(中京大中京高)

女子SPで演技する山下真瑚=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
女子SPで演技する山下真瑚=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

17歳。中部選手権優勝、西日本選手権6位。GPシリーズ・NHK杯5位。ジュニア時代には世界ジュニア選手権で銅メダル。SP:Una Voce Poco Fa ~今の歌声は~

冒頭の3回転ループ成功。3回転ルッツ、3回転トーループの連続ジャンプも決め、すべてのジャンプで加点がつく出来映え。会心の演技で終始笑顔。

SPの得点は、67.28。現時点でトップに。


16番滑走 本田真凜(JAL)

棄権(めまいの症状のため


15番滑走 松生理乃(中京大中京高)

16歳。全日本ジュニア選手権、西日本ジュニア選手権優勝。ジュニアながら、GPシリーズ・NHK杯で3位に入り、勢いに乗る。コーチは、山田満知子さん、樋口美穂子さん。

SP:映画「カラーパープル」より

SPの得点は、65.57


14番滑走 松田悠良(中京大)

8回目の出場となる22歳。西日本選手権10位。これまでGPシリーズにも出場する実力者。SP:Sparkling Diamonds

SPの得点は、44.69


13番滑走 浦松千聖(中京大中京高)

2年連続出場の18歳。西日本ジュニア選手権5位。GPシリーズ・NHK杯12位。SP:Trouble In Paradise

SPの得点は、55.05


第2グループの演技終了

12番滑走 竹野比奈(福岡大)

5年連続出場の23歳。中四国九州選手権優勝、西日本選手権8位。SP:鈴木明子さん振り付けで、映画「ニュー・シネマ・パラダイス」より

SPの得点は、57.04


11番滑走 吉田陽菜(木下アカデミー)

女子SPで演技する吉田陽菜=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
女子SPで演技する吉田陽菜=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

2年連続出場の15歳。全日本ジュニア選手権、西日本ジュニア選手権2位。SP:アイスダンスの村元哉中が振り付けした、映画「ミッション」より

SPの得点は、58.79


10番滑走 青木祐奈(日大)

2年ぶり出場の18歳。東日本選手権8位。SP:Live For The One I Love by セリーヌ・ディオン

SPの得点は、59.97


9番滑走 永井優香(早大)

女子SPで演技する永井優香=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
女子SPで演技する永井優香=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

22歳。東京選手権優勝、東日本選手権6位。2015-16シーズンには、GPシリーズ・スケートカナダで銅メダル。今季がラストシーズン。

SP:エリザベート

SPの得点は、58.99。


8番滑走 住吉りをん(駒場学園高)

初出場の17歳。東日本ジュニア選手権優勝、全日本ジュニア選手権5位。SP:映画「ローズ」より

SPの得点は、62.62


7番滑走 鈴木なつ(Mエイトクラブ)

初出場の17歳。東日本ジュニア選手権4位、全日本ジュニア選手権7位。SP:水百景 by 川井郁子

SPの得点は、59.93


第1グループの演技終了 横井が暫定トップ

6番滑走 滝野莉子(関大)

18歳。西日本選手権11位。SP:シェヘラザード

SPの得点は、43.69


5番滑走 広谷帆香(岩手大)

20歳。東北・北海道選手権2位、東日本選手権7位。SP:Everytime You Kissed Me

SPの得点は、55.27


4番滑走 本郷理華(中京大)

女子SPで演技する本郷理華=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
女子SPで演技する本郷理華=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

2年ぶりに全日本選手権に戻ってきた24歳。昨シーズンは休養していたが、今シーズン復活。中部選手権2位、西日本選手権9位。過去3度世界選手権代表。全日本選手権での最高位は2位。SP:ドラマ「愛の不時着」より「The Song For My Brother」

SPの得点は、59.05


3番滑走 大矢里佳(明大)

22歳。東日本選手権9位。SP:You Are The Reason

SPの得点は、54.09


2番滑走 佐藤伊吹(明大)

20歳。東京選手権3位、東日本選手権11位。

SP:Ice Queen

SPの得点は、53.71


1番滑走 横井ゆは菜(中京大)

女子SPで演技する横井ゆは菜=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
女子SPで演技する横井ゆは菜=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

4年連続出場の20歳。西日本選手権7位。GPシリーズ・NHK杯8位。昨年の全日本選手権は5位。

SP:なんでもないや

SPの得点は、59.83


※速報のため、得点など、数字が異なっている場合があります。


紀平連覇か、坂本女王奪還か

 フィギュアスケートの全日本選手権が25日に長野市で開幕。女子は、前回覇者の紀平梨花(トヨタ自動車)や、グランプリ(GP)シリーズ・NHK杯優勝で2年ぶり女王奪還を狙う坂本花織(シスメックス)らが出場する。

【初日は】紀平は片手で… 羽生、宇野久々登場

紀平、4回転サルコウは

男子SP速報 羽生、宇野は

新プログラムの羽生「見た人の背景に訴えたい」


女子SPの滑走順

1番滑走 横井ゆは菜(中京大)
2番滑走 佐藤伊吹(明大)
3番滑走 大矢里佳(明大)
4番滑走 本郷理華(中京大)
5番滑走 広谷帆香(岩手大)
6番滑走 滝野莉子(関大)
7番滑走 鈴木なつ(Mエイトクラブ)
8番滑走 住吉りをん(駒場学園高)
9番滑走 永井優香(早大)
10番滑走 青木祐奈(日大)
11番滑走 吉田陽菜(木下アカデミー)
12番滑走 竹野比奈(福岡大)
13番滑走 浦松千聖(中京大中京高)
14番滑走 松田悠良(中京大)
15番滑走 松生理乃(中京大中京高)
16番滑走 本田真凜(JAL)
17番滑走 山下真瑚(中京大中京高)
18番滑走 千葉百音(仙台FSC)
19番滑走 松原星(明大)
20番滑走 樋口新葉(明大/ノエビア)
21番滑走 吉岡詩果(植草学園大附属高)
22番滑走 河辺愛菜(木下アカデミー)
23番滑走 紀平梨花(トヨタ自動車)
24番滑走 新田谷凜(中京大)
25番滑走 白岩優奈(関大)
26番滑走 渡辺倫果(青森山田高)
27番滑走 坂本花織(シスメックス)
28番滑走 三原舞依(シスメックス)
29番滑走 宮原知子(関大・木下グループ)
30番滑走 川畑和愛(早大)

あわせて読みたい

注目の特集