特集

鶏卵汚職

大臣在任中に賄賂として現金を受け取ったとして、吉川貴盛元農相らが在宅起訴されました。背景を探ります。

特集一覧

吉川元農相辞職 自民北海道連、後継選び難航 衆院補選 野党は共闘模索

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
農相に就任し首相官邸で記者会見する吉川貴盛氏=2018年10月、玉城達郎撮影
農相に就任し首相官邸で記者会見する吉川貴盛氏=2018年10月、玉城達郎撮影

 自民党の吉川貴盛元農相(70)=衆院北海道2区(札幌市東区、北区の一部)=が議員辞職し、自民道連は来年4月25日に行われる2区補欠選挙に向け、本格的な後継候補選びに入った。ただ、知事選を巡るしこりが残り、既に難航している。一方、野党陣営には共闘の流れができつつあり、候補者一本化に向け調整が加速するとみられる。【真貝恒平】

 「地域のことを熟知している方が手を挙げられると思う」。吉川氏の後任として道連会長に内定した橋本聖子五輪担当相(56)は22日、補選の候補についてこう述べ、2区にゆかりがある人物を示唆した。広く人材を募る考えも示しており、公募での人選も検討されそうだ。道連幹部によると、2区支部の幹部らは25日にも対応を検討する。

この記事は有料記事です。

残り911文字(全文1230文字)

【鶏卵汚職】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集