特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

井上科技相、学術会議に「現行にこだわらぬ検討」要求 来年4月に報告求める

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
井上信治万博担当相=滝川大貴撮影
井上信治万博担当相=滝川大貴撮影

 井上信治科学技術担当相は24日、日本学術会議の梶田隆章会長らと面会し、現在は国の機関である設置形態について、政府から独立することも含めて「現行にこだわらずフラットに検討してほしい」と述べ、来年4月に報告するよう求めた。井上氏は「年内に政府としての方向性を示す」としていたが、まずは学術会議の自主的な議論の結果を待ち、その後に政府として改めて検討する意向を示した。

 井上氏は面会後、報道陣の取材に「現状ありきではなく、あらゆる形態を排除することなくゼロベースで考えてもらいたい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文971文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集