グアム修学旅行が中止、代わりに周遊フライト 中学生「空の偉大さに感動」 千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの影響で修学旅行が中止された千葉県多古町立多古中学校の3年生100人が23日、代わりの行事として、成田空港を発着する日本航空の周遊フライトを楽しんだ。富士山の上空を回って1時間38分飛行し、生徒たちは空からの絶景を眺め、「思い出になった」と喜んでいた。

 搭乗口で、生徒3人が搭乗アナウンスを体験し、「日本航空のご利用、ありがとうございます」「感染防止のため間隔を空けてお並びください」と呼び掛けた。日航の国際線仕様のボーイング767に乗り込むと、客室乗務員が「すてきな思い出づくりをお手伝いします」と出迎えた。離陸直後に同中の校舎が見え、東京スカイツリーや東京ドーム、新国立競技場を眺め、中央アルプスや南アルプス、浜松、太平洋、九十九里浜の上空を回った。

 航空機に初めて乗った生徒も多く、友人同士でおしゃべりしながら窓からの景色を楽しみ、写真を撮影し、座席のエンターテインメント設備を利用していた。柴田陽菜(はな)さん(15)は25日が誕生日で、「誕生日のプレゼントになった。修学旅行の中止は残念で、行事も例年通りに実施できなかったけれど、みんなで協力し合って絆を深めることができた」と話した。21人が抽選に当たってビジネスクラスに座り、川口太士さん(1…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文881文字)

あわせて読みたい

注目の特集