娘が愛したチョウ、マスクに描く がんで亡くなった学芸員の母寄贈 奈良・橿原市

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
チョウなどの手描きの絵が入ったマスクを寄贈した日比肇子さん(左)=奈良県橿原市役所で2020年12月24日午後0時3分、姜弘修撮影
チョウなどの手描きの絵が入ったマスクを寄贈した日比肇子さん(左)=奈良県橿原市役所で2020年12月24日午後0時3分、姜弘修撮影

 橿原市昆虫館(奈良県)の学芸員として長年調査や飼育に携わり、2018年にがんで亡くなった日比伸子さんの母肇子(はつこ)さん(77)が24日、チョウなどの絵があしらわれたマスク300枚を市に寄贈した。市は窓口担当や昆虫館の職員に配布して活用する予定。

 マスクはオオムラサキとオオゴマダラの2種類と、シラカシ…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文383文字)

あわせて読みたい

注目の特集