メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小川淳也議員のコロナ感染体験 「これで軽症なのか」入院11日間

インタビューに答える小川淳也衆院議員=東京都千代田区で2020年12月11日、宮本明登撮影

 立憲民主党の小川淳也衆院議員が新型コロナウイルスに感染し、入院は11日間に及んだ。病棟には「汚染地域」と真っ赤な文字で書かれており、隔離された病室での治療に孤独感が募ったという。小川氏は「感染しないように相当注意していたのに……」と首をかしげる。退院して仕事に復帰した小川氏に、自身の体験を尋ねた。【木許はるみ/統合デジタル取材センター】

高熱なのに…検査のために徒歩で1キロ先の病院へ

 ――体調の異変に気付いたのはいつですか。

 ◆11月16日、月曜日の夜です。この日は、地元(香川県)で発生した鳥インフルエンザの関係で、厚生労働省と農林水産省の大臣と面会し、午後には国会の健康センター(ジム)を利用して帰宅しました。それまでは元気だったんです。異変があったのは午後7時前ごろです。議員宿舎で晩ご飯を取った後でした。何か体がだるいなと思って、熱を測ると37・5度くらいありました。それで午後9~10時ごろ、早めに布団に入ったのですがなかなか寝付けない。1時間おきに目が覚めてしまうので、そのたびに熱を測ると、約0・5度ずつ上がっていくんです。夜中には39度になってしまいました。熱が上がるにつれ、体がどんどんしんどくなって。そんな高熱はめったに出ません。「ただごとじゃない。PCR検査を受けねば」と思いました。

 ――検査はすぐに受けられたのでしょうか。

 ◆以前から、もしもの時のために、宿舎の近所でPCR検査をしているクリニックを調べていまし…

この記事は有料記事です。

残り4106文字(全文4727文字)

木許はるみ

1985年生まれ、愛知県出身。中日新聞、Business Insider Japan、じゃかるた新聞を経て2020年入社。外国人住民、公害、地方議会の取材をしてきた。アートや科学が好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、二宮和也からの大量の“迷彩マスク”プレゼントに「ありがとうございます!」

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです