メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「困難な状況から適応し高める」先駆者の誇り 車いすラグビー・池崎、今井

車いすラグビー・ワールドチャレンジのオーストラリア戦に出場した池崎大輔(右)と今井友明=東京都渋谷区の東京体育館で2019年10月、佐々木順一撮影

[PR]

 新型コロナウイルスの影響で、スタジアムから歓声が消えた。校庭からも、体育館からも、スポーツを愛する子供たちの笑顔が消えた。だが、アスリートは諦めない。次世代を担う新星も、不屈の精神を誇るベテランも、志を貫き、現状を超えようとしている。

池崎大輔(42)、今井友明(37)=いずれも三菱商事

 コロナ下の社会とパラアスリートの境遇には共通点があるという。今井は「生まれてから障害を負ったパラアスリートは、それまでの『普通』ができなくなる。コロナの世界と似ている」と語る。

 中学3年の時にプールでの飛び込み事故で首を骨折し、手足などの多くの機能を失った今井。「選手は困難な状況から希望を見いだすために工夫して適応し、体を極限まで高める。その姿が何かのヒントになれば」と、コロナで常識が一変し戸惑う人に心を寄せる。

 一方の池崎は6歳で手足の筋力が徐々に低下する難病を発症した。「人知れず苦しむ人はいる。僕は車いすラグビーと出合い、人生が変わった。乗り越えられない壁もあるが、いかに付き合うかを考える」と説く。

 2人は成人後に競技を始め、2016年リオデジャネイロ・パラリンピックで銅メダルを獲得し、18年世界選手権で優勝に貢献。その言葉に実感がこもる。競技の普及や次世代育成を見据え、19年には新たなクラブチームを設立した。

 今井は「コロナで落ち込んだスポーツをもう一度盛り上げたい」と語り、「障害を持っている子がアスリートとして人生を歩めると証明し、人生の選択肢を増やしたい」と池崎。逆境でも前進し続ける二人だ。【谷口拓未】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 「その気になればできる」 国産長射程ミサイルに込められた「隠れた狙い」とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです