連載

丹下日出夫のズバッと

井崎脩五郎さんの弟子である競馬評論家・丹下日出夫さんによる予想。

連載一覧

丹下日出夫のズバッと

G1 中山11R・有馬記念 (日曜競馬)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

力量証明、クロノジェネシス

 6月の宝塚記念を圧勝したクロノジェネシスが、グランプリV2を果たす。昨年の牝馬クラシックは桜花賞とオークスが3着。秋華賞で待望のGⅠを奪取した。続くエリザベス女王杯は5着に終わったが、今年に入って京都記念優勝、大阪杯2着と上昇を続け、宝塚記念で目にも鮮やかな6馬身独走を決めた。前走の天皇賞(秋)はスタートで後手に回り、スローペースにも泣いたが、上がり32秒8の末脚で0秒1差3着に急追。良馬場の瞬発力勝負でもGⅠで勝ち負けできる力量馬であることを再確認させた。操縦性が…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文623文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集