メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

HBC・コラムDEガッチャンコ

社屋に書かれたメッセージ /北海道

 今年の秋、HBCは旧本社の隣に完成した新社屋に移転しました。旧社屋は61年間の歴史を閉じて、今解体工事が行われています。新社屋への引っ越しの前、HBCのスタッフはそれぞれ思い出の場所にメッセージを書き残し、旧社屋に別れを告げました。

「ショー・マスト・ゴー・オン(何があってもショーを続けなければならない)」と書かれていたのは、テレビ番組「今日ドキッ!」のスタッフルームの壁です。旧社屋への惜別とともに、「これからも楽しい番組を作り続けよう」と仲間に呼び掛けた言葉です。ラジオ第1スタジオには「私の青春!」の文字が。HBC少年少女合唱団の子どもたちがこの場所での最後の練習の日に、感謝の気持ちをつづりました。

 建物に記されたメッセージは工事中の新社屋にもありました。1月に社報の取材で建設現場を訪れた時、コンクリートがむき出しのままの階段に、黒い文字が書かれているのを見つけました。

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文909文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. ワイン海に沈め波で熟成、まろやかに 半年後に引き揚げ、好評 神奈川

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. ORICON NEWS 嵐・櫻井翔の新番組『1億3000万人のSHOWチャンネル』初回13%からスタート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです