メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「男女二分法」を問う インタビュー 作家・赤坂真理さん

 今年は、コロナ禍で近しい人たちと過ごす時間が増え、妻や夫、恋人らとの関係について改めて考えた人も多いだろう。作家の赤坂真理さんは、新刊「愛と性と存在のはなし」(NHK出版新書)で、性的な多数派であるヘテロセクシュアル(異性愛者)が抱える問題を自身の内奥から思索した。【聞き手・鈴木英生】

他者の体感知らねば慈しみは生まれない

――赤坂さんの新刊は、男性の性や身体感覚について、女性があまりにも知らないと気づかれたことを話の糸口にしています。

 「自分が男性のボディーを持っていたら何をどう感じるか」と想像したことがあります。そのとき、正直言って、想像を絶したんです。猫になる想像のほうが楽だったくらい。男性とはそれくらいわからない人たちだと気づいたとき、彼らを本当に尊重しようという気持ちを持てました。今、性や性差をめぐる議論は、ほとんどがジェンダーの話、権利や機会の平等の話です。でも本当に、それですべてが済む話なのか、私にはわからないので…

この記事は有料記事です。

残り3619文字(全文4038文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. 「その気になればできる」 国産長射程ミサイルに込められた「隠れた狙い」とは

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです