特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第79期名人戦A級順位戦 羽生善治九段-佐藤康光九段 第24局の1

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

164戦目の対局

 佐藤康光九段(51)と羽生善治九段(50)の5回戦。新世代などと言われた2人も、すっかりベテランの域に入った。A級での50代対決は第71期の谷川浩司九段(50)―高橋道雄九段(52)戦以来という。

 羽生―佐藤戦は本局まで163戦し、羽生108勝、佐藤55勝。同一カード歴代4位の記録で、歴代1位は中原誠十六世名人―米長邦雄永世棋聖戦の187局。

 佐藤は日本将棋連盟会長として激務をこなしながら、トーナメントプロとして第一線で戦う。アラフィフとは思えぬ、活力やスタミナに驚くばかりだ。以前インタビューしたとき「会長職についているのに、それなりに将棋を勝っているし、毎日寝つきもいい。本来経営者ならもっと悩んだり、苦しんだりするはずなのに……。組織のトップに立つ者として自分は甘いのかもしれない」という趣旨の話を聞いた。健康的で好循環の日々では厳し…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文880文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集