特集

検証・安倍政権

7年8カ月余りにわたった第2次安倍晋三政権が幕を閉じました。数々の疑惑、課題が残されたままです。

特集一覧

「桜」前夜祭、不起訴 安倍氏責任、なぜ不問 告発者「虚偽答弁許せぬ」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
安倍晋三前首相が不起訴処分とされたことを受け、記者会見する泉沢章弁護士(左)ら=東京・霞が関の司法記者クラブで2020年12月24日午後3時7分、吉田航太撮影
安倍晋三前首相が不起訴処分とされたことを受け、記者会見する泉沢章弁護士(左)ら=東京・霞が関の司法記者クラブで2020年12月24日午後3時7分、吉田航太撮影

 「桜を見る会」の前夜祭を巡る問題は、安倍晋三前首相(66)の金庫番である秘書1人だけが政治資金規正法違反(不記載)で略式起訴され、捜査が終わった。「議員を辞めるべきだ」「形式的な捜査だったのでは」。「言論の府」である国会で事実と異なる答弁を繰り返した前首相と、前首相の刑事責任を不問とした検察に対する怒りの声が渦巻いている。

 「国民のみなさまに心からおわび申し上げます」

この記事は有料記事です。

残り3421文字(全文3607文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【検証・安倍政権】

時系列で見る

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集