桜を見る会 安倍前首相不起訴 秘書だけの責任か 告発の弁護士ら憤り

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見する安倍晋三前首相=衆院第1議員会館で2020年12月24日午後6時31分、竹内幹撮影
記者会見する安倍晋三前首相=衆院第1議員会館で2020年12月24日午後6時31分、竹内幹撮影

 「桜を見る会」の前夜祭を巡る問題は、安倍晋三前首相(66)の金庫番である秘書1人だけが政治資金規正法違反(不記載)で略式起訴され、捜査が終わった。「議員を辞めるべきだ」「形式的な捜査だったのでは」。「言論の府」である国会で事実と異なる答弁を繰り返した前首相と、前首相の刑事責任を不問とした検察に対する怒りの声が渦巻いている。

 「国民のみなさまに心からおわび申し上げます」

この記事は有料記事です。

残り2244文字(全文2430文字)

あわせて読みたい

ニュース特集