霞が関官僚の「在庁時間」100時間超が6% 河野氏が調査結果公表

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
霞が関の官庁街(手前)。左奥は国会議事堂=東京都千代田区で、本社ヘリから宮武祐希撮影
霞が関の官庁街(手前)。左奥は国会議事堂=東京都千代田区で、本社ヘリから宮武祐希撮影

 河野太郎国家公務員制度担当相は25日の記者会見で、霞が関の中央官庁で働く国家公務員が正規の就業時間外に職場にいた「在庁時間」の調査結果を発表した。人事院が定める超過勤務の上限である100時間を超えた職員は10月の1カ月間で、全体の6%に当たる2940人いた。

 在庁時間は、上司の命令で残業した超過勤務を…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文382文字)

あわせて読みたい

注目の特集