特集

検証・安倍政権

7年8カ月余りにわたった第2次安倍晋三政権が幕を閉じました。数々の疑惑、課題が残されたままです。

特集一覧

安倍前首相、議員辞職否定「初心に立ち返り努力」 衆院議運委で「桜」補塡釈明

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院議院運営委員会で「桜を見る会」前夜祭の費用補塡(ほてん)問題について説明する安倍晋三前首相=国会内で2020年12月25日午後1時1分、竹内紀臣撮影
衆院議院運営委員会で「桜を見る会」前夜祭の費用補塡(ほてん)問題について説明する安倍晋三前首相=国会内で2020年12月25日午後1時1分、竹内紀臣撮影

 「桜を見る会」前夜祭の費用補塡(ほてん)問題で、安倍晋三前首相は25日、衆院議院運営委員会に出席した。安倍氏は議員辞職に値するとの指摘に対し「初心に立ち返り努力したい」と繰り返し、議員辞職を否定した。

 立憲民主党の辻元清美氏が「国会で、総理大臣としてすべての発言に責任がともなうとおっしゃった。国民の中には議員辞職に値するとの声があるのをご存じか」と質問すると安倍氏は「承知しています」と答えた。

 辻元氏は「民間企業で社長が公の場で虚偽の説明を100回以上やって、社員にだまされたと言い訳をして通用しますか。社員には責任を取らせて、自分は何も身を切らずに許されると思いますか。民間ならコンプライアンス失格、社長は辞職だ。これ以上のことを、あなたは立法府でやった」と述べ、重ねて議員辞職を迫った。

この記事は有料記事です。

残り153文字(全文501文字)

【検証・安倍政権】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集