特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

「あきれた」「その場しのぎ」 安倍氏地元・下関市民も不満 「桜」補塡国会釈明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
安倍晋三前首相の地元事務所=山口県下関市東大和町で2020年12月24日午後2時20分、佐藤緑平撮影
安倍晋三前首相の地元事務所=山口県下関市東大和町で2020年12月24日午後2時20分、佐藤緑平撮影

 安倍晋三前首相の国会での説明には、地元・山口県下関市の市民からも不満の声が上がった。飲食店を経営する女性(75)は「地元選出の総理として誇りに思っていたが、あれだけ騒がれながら事実を知ったのは報道後というのにはあきれた。これで説明責任を果たして幕引きというのでは、誰も納得しないのでは」と話す。

 「秘書が数百万円も勝手に使い、報告していないなんてあり得ない。このま…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集