プロイセン王宮再建、ベルリンの複合文化施設が開館 約2万点の文化財収蔵

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ベルリンで再建されたプロイセン王国の王宮=フンボルトフォーラム提供
ベルリンで再建されたプロイセン王国の王宮=フンボルトフォーラム提供

 ドイツの首都ベルリンで、ドイツ帝国(1871~1918年)の中核だったプロイセン王国の王宮がかつてのバロック様式の外観で再建され、博物館や美術館が入る複合文化施設「フンボルトフォーラム」に生まれ変わった。

 16日にオンラインで開館式が開かれた。建設費約6億7700万ユーロ(約850億円)をかけて再建された。王宮の一部はバロック様式、別の部分には近代的なビルのデザインを取り入れ…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

あわせて読みたい

注目の特集