メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「密」にならない鍋料理とは 売り上げ激減の専門店が絞った知恵

新型コロナウイルス対策のため一人一人に取り分け用のお玉が提供されるもつ鍋店=福岡市中央区で2020年12月23日午後8時57分、徳野仁子撮影

 新型コロナウイルスの影響で鍋料理店が窮地に立たされている。もつ鍋や水炊き、ふぐ鍋など本来なら冬場がかき入れ時だが、「密」になって鍋を囲むイメージが強く、感染の再拡大でさらに敬遠されているようだ。鍋料理はリスクが他より高いのか。業界は感染対策のアピールに躍起となっている。

 「12月に入り、感染再拡大で目に見えてお客が減った」。福岡市のもつ鍋店「楽天地」の水谷崇社長はため息をつく。店は4月7日の緊急事態宣言を受けてチェーンの半数が休業し、5月14日の宣言解除後に再開した。しかし、今夏の売り上げは前年と比べ3割程度まで落ち込んだ。少しでもカバーしようと家庭用もつ鍋セットの通販を強化し、店を知ってもらおうと医療関係者を無料招待するなど地道な努力の結果、地元客を中心に徐々に客足が回復。GoToキャンペーンの恩恵もあり、11月の売り上げは前年並みに回復していたさなかの感染再拡大だった。

 外食業界の中でも、鍋料理はコロナ禍で特に苦戦を強いられてきた。鍋を囲んで一緒につつく、お玉や菜箸を使い回すことが感染リスクを高めるとして、大皿料理やビュッフェと並んで注意すべき「3大料理」ともされてきたためだ。ある日本料理店の店主は「この冬は鍋のコースでなく懐石が人気。会食に誘う側も相手を気遣って鍋を避けている」と話す

「収容人数の大きな店舗ほど厳しい」

 あおりを受け、シーズンを迎えているふぐ鍋店は客が激減。山…

この記事は有料記事です。

残り920文字(全文1520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです