一年のほこり払い清める 名古屋・熱田神宮で御煤納神事

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
社殿の軒先などをはらい清める神職=名古屋市熱田区の熱田神宮で2020年12月25日午前10時6分、兵藤公治撮影
社殿の軒先などをはらい清める神職=名古屋市熱田区の熱田神宮で2020年12月25日午前10時6分、兵藤公治撮影

 名古屋市熱田区の熱田神宮で25日、一年のほこりを払う「御煤納(おすすおさめ)神事」が行われた。

 身を清めた神職が烏帽子(えぼし)に狩衣(かりぎぬ)姿で、長さ約4メートルの「斎竹(いみたけ)」と呼ばれるササを使い、本宮や別宮など約40カ所の屋根や軒先などをはらい清め、新年を迎える準備を進めた。

 同神宮は、正月三が日に例年約230万人…

この記事は有料記事です。

残り74文字(全文241文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集