もうギフト券には頼らない あの泉佐野市がふるさと納税「優等生」に?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ピクルスの開発に取り組む「NSW」の西出喜代彦社長=大阪府泉佐野市で2020年11月24日、菱田諭士撮影
ピクルスの開発に取り組む「NSW」の西出喜代彦社長=大阪府泉佐野市で2020年11月24日、菱田諭士撮影

 「ふるさと納税」でギフト券を返礼品に用いて全国から集金して批判され、制度から一時除外された大阪府泉佐野市が、クラウドファンディング(CF)で集めた寄付金で新たな特産品を生み出す挑戦を始めた。熟成肉や地元野菜のピクルスなどを作る企業に寄付金から補助し、新開発した商品やサービスで返礼する仕組みだ。かつては人気の特産品が乏しいとしてギフト券まで使ったが、「ないなら作ろう」と一転し、「優等生」に変わり始めている。【鶴見泰寿】

寄付金で新たな特産品作り

 「マジメか? 泉佐野市!」のボードを掲げながら、千代松大耕(ひろやす)市長が2020年9月の記者会見で、ふるさと納税の11月からの新たな取り組みを説明した。「新しい地場産品を作ることで雇用の創出や地域活性化につながる」。特産品作りに悩む他の自治体も応用できるとも強調し、制度のさらなる活性化に期待を込めた。

 市が誘致中の企業などのプロジェクトを特設サイト「さのちょく」で紹介しCFの目標額を設定。寄付金が目標を達成すれば4割(上限あり)を事業への補助金として企業に交付し、3割は返礼品の費用として負担、残り3割は送料やサイト運営費などに充てる。市には残らないが、新しい特産品やサービスが魅力ある返礼品にもなるとの算段だ。

 サイトには9件を掲載。大阪市の食品会社が「熟成牛」を製造する工場を…

この記事は有料記事です。

残り2055文字(全文2623文字)

あわせて読みたい

注目の特集