関電、中間貯蔵施設候補地の年内提示断念 福井県に説明 原発再稼働先送りも

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
福井県の桜本宏副知事に、中間貯蔵施設の県外候補地を現段階で示すことができないと伝える関西電力の松村孝夫副社長(左)=福井市の福井県庁で2020年12月25日午後1時9分、岩間理紀撮影
福井県の桜本宏副知事に、中間貯蔵施設の県外候補地を現段階で示すことができないと伝える関西電力の松村孝夫副社長(左)=福井市の福井県庁で2020年12月25日午後1時9分、岩間理紀撮影

 関西電力の松村孝夫副社長が25日、福井県庁を訪れ、県内の原発の使用済み核燃料の中間貯蔵施設について、県外候補地の年内提示を断念したことを報告した。県は、運転開始から40年を超える関電美浜3号機と同高浜1、2号機の再稼働に同意する「前提」として、関電に年内の提示を求めていた。今後も協議は続くが、関電が早ければ「2021年1月」とする美浜3号機の再稼働日程の実現は困難になった。

 松村副社長は桜本宏副知事と面会し「このタイミングではしっかり報告できない。国や電気事業連合会と連携して努力を続け、早めに改めて報告する」と述べた。青森県むつ市の中間貯蔵施設を関電など電力各社で共同利用する案が浮上しているが、松村副社長は記者団に「地元(青森)の理解を得ないと着手できない。あらゆる可能性を検討する」と話した。

この記事は有料記事です。

残り163文字(全文515文字)

あわせて読みたい

注目の特集