クルードラゴン、コロナワクチン高速開発…科学環境部デスクが選ぶ 2020年の重大ニュース

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
野口聡一飛行士が乗った宇宙船「クルードラゴン」を搭載し、ケネディ宇宙センターから打ち上げられるファルコン9ロケット=米フロリダ州ケープカナベラルで2020年11月15日、AP共同
野口聡一飛行士が乗った宇宙船「クルードラゴン」を搭載し、ケネディ宇宙センターから打ち上げられるファルコン9ロケット=米フロリダ州ケープカナベラルで2020年11月15日、AP共同

 新型コロナウイルスが世界的に大流行した年として、深く記憶されることになった2020年。感染症関連以外にも重要な科学研究や技術開発の成果や話題があった。激動の一年を終えるにあたり、印象に残る重大ニュースに改めて光を当てた。【野田武】

 まず取り上げるのは、米国の宇宙企業、スペースXが開発した新型宇宙船「クルードラゴン」の打ち上げだ。近年、国際宇宙ステーション(ISS)へ宇宙飛行士が行く手段はロシアのソユーズ宇宙船だけだったが、クルードラゴンの成功で、米国がスペースシャトルの引退以来ついえていた輸送手段を再び手にすることになった。

 11年に米フロリダ州であったスペースシャトルの最後の打ち上げは、私も現地で取材した。当時、打ち上げ場所のケネディ宇宙センターへ最寄りの街から向かう道は…

この記事は有料記事です。

残り1434文字(全文1776文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集