消費者庁が抗体検査キット6業者を指導 感染の有無診断できるかのように販売

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
消費者庁は「抗体検査キットでは検査時点での感染の有無が分からない」として注意を呼びかけている=東京都千代田区霞が関3の消費者庁で2020年12月25日午後3時9分、林奈緒美撮影
消費者庁は「抗体検査キットでは検査時点での感染の有無が分からない」として注意を呼びかけている=東京都千代田区霞が関3の消費者庁で2020年12月25日午後3時9分、林奈緒美撮影

 過去の感染歴を調べる新型コロナウイルスの抗体検査キットについて、検査時点での感染の有無を診断できるかのようにうたって販売したとして、消費者庁は25日、6業者に景品表示法違反(優良誤認表示)の恐れがあるとして行政指導したと発表した。

 抗体は、体内に侵入したウイルスなどから体を守るために作られる物質。抗体検査では過去の感染歴は分かっても検査時点の感染の有無は確認できない。だが「陰性証明」のように誤った活用をうたう業者があり問題となっていた。また、新型コロナを巡っては抗体の防御機能や…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文607文字)

あわせて読みたい

注目の特集