メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

Photo 観光業、見えぬ夜明け 頼みのGoToも消え

ゲストハウス「アンプラン神楽坂」のドミトリールームを換気し、清掃する従業員。計16室に置かれていた荷物は3人分だけだった=東京都新宿区で16日

 新型コロナウイルス感染拡大の「第3波」の中で迎える年末年始。GoToトラベルの全国一斉停止が、インバウンド(訪日外国人)需要の消失から内需向けサービスに転換して再起を図る観光業者の経営を直撃している。

 東京・神楽坂のゲストハウス「アンプラン神楽坂」の窓が換気のため開け放たれ、ドミトリー(相部屋)に師走の冷気が入り込んだ。コロナ禍以前は欧米やアジアからの宿泊客のブログなどで評判となり、利用客の6割を占めた多くの外国人でにぎわっていた。しかし、この日のドミトリー利用者は3人のみ。室内には16人分のベッドが置かれているが、間隔を空けて距離を保つため受け入れは8人までに制限している。オーナー会社「Fika」マネジャーのデリス・グリーンさん(28)は「ドミトリーが密だという懸念を払拭(ふっしょく)するため、換気や消毒には神経をとがらせている」という。

 宿泊費用を最大で35%割り引くGoToトラベルは、割引額が大きくなる高級旅館・ホテルは連日予約で埋まった一方、低価格路線のゲストハウスや民泊などは恩恵を受けづらい。

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1317文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです