今考える「さわる」意義 広瀬浩二郎・みんぱく准教授が新著

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
広瀬浩二郎著『それでも僕たちは「濃厚接触」を続ける!』(小さ子社)
広瀬浩二郎著『それでも僕たちは「濃厚接触」を続ける!』(小さ子社)

 全盲の人類学者で、国立民族学博物館(みんぱく、大阪府吹田市)の広瀬浩二郎准教授による新刊『それでも僕たちは「濃厚接触」を続ける!』(小さ子社)が刊行された。5~7月に公開されたウェブ連載コラムに大幅加筆したもの。コロナ禍で人や物との接触が忌避される今、「さわる」ことの意義を多角的に考察する。

 表紙カバーには、点字印刷の技法を活用し…

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文297文字)

あわせて読みたい

注目の特集