メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日21世紀フォーラムから 医療現場からウィズコロナを考える 大阪府医師会長・茂松茂人氏

講演する茂松茂人・大阪府医師会会長=大阪市天王寺区で2020年12月9日、菱田諭士撮影

経済回復は医療の充実から

 異業種交流組織「毎日21世紀フォーラム」の第196回例会が9日、大阪市天王寺区のシェラトン都ホテル大阪で開かれ、茂松茂人・大阪府医師会長(68)が「医療現場からウィズコロナを考える」と題して講演した。新型コロナウイルスに感染した重症者の増加で医療現場が逼迫(ひっぱく)する大阪の現状や今冬の診療・検査体制などについて説明。「経済を回すなら、まずは医療体制の充実を」と医療に携わる立場からの考えを述べた。【まとめ・相原洋、写真・菱田諭士】

この記事は有料記事です。

残り1985文字(全文2216文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  2. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大学入学共通テスト、2日目始まる 理科と数学

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです