特集

第100回高校ラグビー 茗渓学園(茨城)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する茗渓学園(茨城)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

茗渓学園あす初戦 自主性で得た自信武器に 相手は因縁の強豪「倒すべき相手」 /茨城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
タックル練習をする部員ら=茨城県つくば市稲荷前で2020年12月3日午後4時42分、森永亨撮影
タックル練習をする部員ら=茨城県つくば市稲荷前で2020年12月3日午後4時42分、森永亨撮影

 放課後の午後4時からの練習は「検温」のかけ声から始まる。担当の部員が温度計を片手に、一人一人の体温を紙に書き込んでいく。日に2回の検温と、教室内でのマスクの着用を徹底する毎日だ。第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)に県代表として臨む茗渓学園ラグビー部。新型コロナウイルスの影響を大きく受けながらも、自主性を生かして成長してきた。

 12月中旬の放課後。練習前の検温が終わると、86人の部員が10人程度ずつ集まり、タックルの練習を始めた。その後もディフェンス練習など、コンタクト練習を計1時間半続ける。新型コロナの影響で対外試合が少ないなか、実戦感覚を取り戻すためだ。

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文1090文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集