特集

第100回高校ラグビー 東海大相模(神奈川)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する東海大相模(神奈川)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

チーム紹介/上 桐蔭学園(6年連続19回目) 自分たちらしさ貫く 縦横無尽に攻撃 /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
県予選の決勝で相手ディフェンスを振り切り突破する桐蔭学園の選手たち=横浜市神奈川区で2020年11月15日、宮島麻実撮影
県予選の決勝で相手ディフェンスを振り切り突破する桐蔭学園の選手たち=横浜市神奈川区で2020年11月15日、宮島麻実撮影

 第100回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高体連など主催)が27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕する。県勢は県予選を6連覇で制した前回花園の覇者・桐蔭学園と、各都県の2位で一つの出場枠を争った関東ブロック予選で優勝した東海大相模の2校が出場する。大会を前に、両チームを紹介する。【宮島麻実】

 11月15日の県予選決勝。19回目の花園を決めるノーサイドの笛を、桐蔭学園のフィフティーンは厳しい表情で聞いた。この試合最後のプレーは対戦相手の東海大相模のトライとゴールで、終わってみれば、19―17。2点差の辛勝だった。

この記事は有料記事です。

残り1366文字(全文1642文字)

あわせて読みたい

注目の特集