特集

第100回高校ラグビー 日川(山梨)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する日川(山梨)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

あす開幕 日川「堅守速攻」で挑戦 28日、強豪・常翔学園に /山梨

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
内田章太選手=山梨県山梨市で2020年12月13日、梅田啓祐撮影
内田章太選手=山梨県山梨市で2020年12月13日、梅田啓祐撮影

 第100回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)は27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕する。県勢は15年連続50回目の出場となる日川が28日の1回戦で大阪府代表の常翔学園と対戦する。「今年こそ(勝ち進んで)正月を花園で迎えたい」。日川フィフティーンは闘志を燃やしている。【梅田啓祐】

 今年のチームはFWが体を張ってボールを確保し、バックスのスピードランナーが縦横無尽に走り勝つ「堅守速攻」が特徴だ。

 FWの平均体重は89キロと昨年の95キロと比べ体格は劣るが、豊富な運動量を強みとしている。攻守両面で光るNO8の大西ひろと選手(3年)を中心に、日川伝統の低く“刺さる”タックルにも磨きをかけてきた。単独で相手を倒せなくても2人目がしつこくボールに食らいつき、いかに素早く攻勢に転じるかが鍵となる。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文885文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集