特集

第100回高校ラグビー 報徳学園(兵庫)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する報徳学園(兵庫)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

挑戦者として全力で 報徳、快進撃もくろむ 走りと粘り、伝統の戦術 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
花園に向けて練習で汗を流す報徳学園の選手たち=西宮市で2020年12月8日午後4時38分、韓光勲撮影
花園に向けて練習で汗を流す報徳学園の選手たち=西宮市で2020年12月8日午後4時38分、韓光勲撮影

 第100回全国高校ラグビーフットボール大会(東大阪市花園ラグビー場)で、近畿ブロック予選を勝ち抜いた報徳学園(5大会連続46回目)は、28日の1回戦で前回大会準優勝の御所実(奈良)と対戦する。FWとバックスが一体となった伝統の「ランニングラグビー」と粘り強いディフェンスで快進撃をもくろむ。【韓光勲】

 前回大会は1回戦で大会史上最多の162得点を記録したが、2回戦は国学院栃木(栃木)に12―14で惜敗し、早々と花園を去った。

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1006文字)

あわせて読みたい

注目の特集