メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英EU、自由貿易維持 FTA、来月1日暫定発効

 欧州連合(EU)を離脱した英国とEUは24日、自由貿易協定(FTA)など将来関係を巡る交渉で合意したと発表した。英国がEUに事実上残留する「移行期間」終了(31日)まで1週間に迫るぎりぎりのタイミングで双方が歩み寄った。英EU間には関税のない自由貿易が維持され、「FTAなし」による経済混乱は避けられた。

 EUのフォンデアライエン欧州委員長とジョンソン英首相はこの日、それぞれ記者会見を開いた。フォンデアライエン氏は「長く曲がりくねった道のりだったが、良い合意ができた。公正でバランスが取れたものだ」と述べた。ジョンソン氏は、合意により「英国は自分たちの運命を取り戻した」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文417文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです