将棋 2冠奪取「いい1年」 藤井王位・棋聖

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える将棋の藤井聡太王位=東京都渋谷区の将棋会館で、宮間俊樹撮影
インタビューに答える将棋の藤井聡太王位=東京都渋谷区の将棋会館で、宮間俊樹撮影

 2020年夏、立て続けにタイトル二つを奪取した藤井聡太王位・棋聖(18)。それは「藤井時代」の幕開けを告げるかのようだった。しかし、秋の王将戦リーグではまさかの陥落。コロナ禍による長期の対局中断も経験した激動の1年だった。そんな1年を振り返り、藤井が選んだ「今年の一手」は? 人工知能(AI)を超えたと大きな話題を呼んだあの絶妙手ではなかった。

 毎日新聞のインタビューに応じた藤井は、目標としていたタイトル奪取を果たし、「いい1年になったのかなと思います」と充実感を示した。タイトルホルダーの最年少記録を更新し、「(タイトルを取る前は)上座に座る機会は半分以下だったと思うのでそこは大きな変化かなと思うんですけど、徐々に慣れてきたのかなと思います」と心境の変化を語った。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文883文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集