特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナワクチン 優先接種、持病14種も 来年4月以降

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省の専門部会は25日、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を優先的に受けられる対象として、高齢者は65歳以上、持病は慢性の心臓病や腎臓病、体格指数(BMI)が30以上の肥満など14種類とする案を了承した。医療従事者や65歳以上の高齢者に続き、持病のある人の接種は来年4月以降となる見通し。2021年度中に65歳以上となる高齢者は約3600万人、持病のある人は約820万人と見積もられ、感染すると重症化のリスクが高いため、優先対象となった。

 案によると、持病はほかに「慢性の呼吸器の病気」「慢性の肝臓病」「糖尿病」「がんなど免疫が低下する病気」など。医療機関から事前に持病の証明書をもらう必要はなく、接種する際、予診票に記入して申告する。さらにワクチンの供給量に余裕が生じれば、60~64歳の人も持病がある人と同じ優先度に位置づける。妊婦は国内外の臨床試験で接種した後のデータが得られていないため優先対象から外れる。

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文865文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集