文化庁芸術祭賞 南海放送に大賞 ラジオ部門

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 文化庁は25日、優れた芸術活動を表彰する2020年度芸術祭賞の受賞者を発表した。新型コロナウイルスを巡る差別を追ったドキュメンタリー「感染―正義とは何か―」を制作した南海放送(松山市)がラジオ部門の大賞。「感染者への困難な取材を通じ、差別のひどさを見事に描き出した」と評価した。

 大賞はこのほか、世界トップクラスの振付家…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集