メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

絵本「怪物園」、光と闇の魅力 作者のjunaidaさんに聞く

=福音館書店提供

 <くらしナビ ライフスタイル>

 怪物たちが絵本から飛び出してきそうだ。京都在住の画家、junaida(ジュナイダ)さんが5月の連休明けから制作していた絵本「怪物園」(福音館書店)が12月上旬から書店に並び始めた。忙しい年末。無表情でゾロゾロと歩く怪物たちは一体どこに向かっているのだろう。ヒントをもらった。

 ――怪物たちがユニークです。何をイメージして描いたのですか。

この記事は有料記事です。

残り1364文字(全文1549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです