リアル「無限列車」京都を疾走 鉄博、太秦映画村などで「鬼滅の刃」イベント

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 アニメ映画が大ヒットし、社会現象にもなっている人気漫画「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」に関連したイベント「鬼滅の刃 京ノ御仕事弐(きょうのおしごとに)」が26日、京都市内の京都鉄道博物館(下京区)、東映太秦映画村(右京区)、嵐電・嵐山駅(同)などで始まった。2021年3月14日まで。

 今回初めてイベントの会場となった京都鉄博では、映画のタイトルにも使われた「無限列車」が登場。原作の舞台となった大正時代の1914年に製造された8620型蒸気機関車に、「無限」と記されたプレートを4カ所に取り付け、客車…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文631文字)

あわせて読みたい

注目の特集