特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

桜を見る会「国家溶かした安倍氏、菅首相も同罪」文筆家・平川克美さんの問い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院議院運営委員会で立憲民主党の辻元清美氏の質問に答えるため挙手する安倍晋三前首相=国会内で2020年12月25日午後1時38分、長谷川直亮撮影
衆院議院運営委員会で立憲民主党の辻元清美氏の質問に答えるため挙手する安倍晋三前首相=国会内で2020年12月25日午後1時38分、長谷川直亮撮影

 日本人はもはや国会や民主主義は不要なのか? 「桜を見る会」を巡る政治資金規正法違反事件のことである。何にもまして衝撃的なのは、国家の最高指導者が国会を通じ、全国民に事実上「ウソ」をつき続けたことだ。民主主義を考察する著作も多い文筆家・平川克美さんが問う。「安倍晋三前首相は国家を溶解させた。私たちはこれから何を信じて生きていくのか」と。【吉井理記/統合デジタル取材センター】

安倍政治の総決算「桜を見る会」

 ――「桜を見る会」を巡る事件で、安倍前首相の公設第1秘書が、「前夜祭」の費用を政治資金収支報告書に収支を記載しなかった政治資金規正法違反(不記載)で略式起訴されました。安倍氏本人は不問です。

 ◆安倍政権の7年8カ月、森友学園事件、加計学園問題をはじめ、安倍氏や閣僚にもさまざまな疑惑が噴出しました。その総決算が桜を見る会事件ということになります。民主党政権時代の「陸山会」事件でも、やはり収支報告書への虚偽記載や不記載が問われましたが、こちらは秘書が逮捕までされて裁判が行われました。それに比べて、今回の処分は公平とは思えないし、外形的事実を見れば公選法が禁じた寄付行為に当たるのは明らかだと思う。ですが、法的な問題はひとまずおいておく。僕が問いたいのは、もっと本質的なことです。国家としての日本、国家の諸制度が、安倍政権の7年あまりで溶解した、ということです。

 ――溶解? どういう意味ですか?

 …

この記事は有料記事です。

残り2570文字(全文3173文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集